信太山新地とは?

信太山新地は大阪府和泉市・JR阪和線の信太山駅近くにある旧遊郭、わかりやすく言えば「ちょんの間」です。
大阪の中心地からは少し離れた場所にありますが天王寺から区間快速を利用すれば20分少々で到着します。

特徴的なのは飛田新地や松島新地のように店先に女の子は座っていません。各旅館(お店)にいるおばちゃんに料金を 支払い、好みの女の子のタイプを伝えます。

実際に顔を見て指名できないことを心配されるかもしれませんが、信太山新地の女の子達はルックス&サービス共に この数年でとてもレベルアップしています
(筆者の実体験だから間違いないです)

後で詳しく説明しますが15分の料金がなんと8,500円!
(参考までに飛田新地の15分は11,000円です)

信太山新地を詳しく知りたい方は下記の記事を参考に!

信太山新地について

男性の方は興味ないかもしれませんが、信太山新地の歴史は下記のようになっています。

信太山新地の歴史

正式名称は「信太山新開地」。
信太山新地は、江戸時代の頃には熊野参詣の際、「精進落とし」目当ての客の遊里として栄えていました。

その後、1919年陸軍信太山駐屯地が設立。
信太山新地も軍隊の慰安所となり、戦後青線を経て、現在は現役の「旅館」として営業しています。

 

信太山新地の歴史はいたって単純明快。ここには陸自の施設があるのだ。
これだけで色街が形成される条件になり得るが、さらに古い話では、熊野街道(阪和線沿いを走る府道30号線)の禊の地として遊里が発展したという説。
かつては「八坂新地」と呼ばれていたらしい。
戦後は赤線に移行し、売防法施行後に今の業態になったであろう信太山が飛田や松島と違うのは、料亭ではなく旅館であるという点。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

女の子の為の飛田新地ガイド
ページ上部へ戻る